IT・ゲーム・アニメ

ローゼンメイデン0ゼロ最新刊!3巻の発売日はいつ?あらすじも

投稿日:

 

ローゼンメイデンといえば、ドールたちが出てくるファンタジー系のバトル漫画ですよね。

最初の連載は2002年からなので、実に16年もの間親しまれ続けています。

現在は新シリーズとして”ローゼンメイデン0(ゼロ)”が連載されていますが、コミックスの発売日が気になるところです。

 

そこで今回は、

・ローゼンメイデン0の3巻の発売日はいつなのか

・ローゼンメイデン0のあらすじ

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

ローゼンメイデン0(ゼロ)3巻の発売日はいつ?

ローゼンメイデン0といえば、2016年から連載が始まった新シリーズですよね。

現在はウルトラジャンプにて掲載されています。

 

すでにコミックスは1巻と2巻が発売されており、次の3巻の発売日を心待ちにしている段階ですね!

では、その3巻の発売日はいつになるのでしょうか?

 

現時点では正式な発売日は公開されていません。

ただ、2018年7月21日発売というウワサがありますよね。

このウワサが本当なのかどうか、検証してみましょう!

 

 

過去に発売されているローゼンメイデン0のコミックスを参考にして考えていきます。

1巻と2巻の発売日はいつだったのでしょうか。

 

1巻…2016年11月18日

2巻…2017年9月19日

 

発売日はこちらのとおりですね。

最新刊が出るまでに約10ヶ月かかることがわかります。

 

では2巻が発売してから10ヶ月後というと…

ちょうど2018年7月20日頃が該当しますよね。

 

つまり、ローゼンメイデン0の3巻の発売日が2018年7月21日というのは、かなり信ぴょう性が高いです!

少なくとも7月20日前後なのは間違いないですね。

 

なので、ローゼンメイデン0の3巻を楽しみにしているあなたは、あともう少しだけ待てばいいということです!

ウルトラジャンプは月刊誌なので、どうしてもコミックスが発売されるのが遅くなってしまいますよね。

そこは月刊誌の宿命ですね。




スポンサードリンク

 

ローゼンメイデン0(ゼロ)のあらすじ

ローゼンメイデン0は新シリーズということで、そのあらすじが気になりますよね?

ストーリーをおさらいしていきましょう!

前作では平成の話だったのですが、ローゼンメイデン0では時代設定からいきなり驚きますよ。

 

 

時は大正時代。

東京の大きな屋敷で働いている”菊”という女の子が物語の主人公です。

いつも小さな声で自信がなさそうにボソボソと話し、女中頭には頻繁に怒られていました。

菊にとって、自分の田舎臭い言葉遣いがコンプレックスだったのです。

 

そんなある日、菊は屋根裏部屋の掃除を命じられます。

そこには屋敷の旦那がコレクションした品物が数多く収納してあるとのこと。

 

仕事ですから、何の迷いもなく屋根裏部屋の掃除を始めた菊。

部屋の奥でとある人形を見つけます。

緑色のドレスをまとい、見るからにキレイな人形でした。

あろうことか、菊はその人形を自分の部屋に持ち帰ってしまいます。

 

そのキレイさゆえに、うっとりと眺めていた菊ですが、とある異変に気付きます。

ドレスに隠れて見えませんでしたが、小さなゼンマイがついているのです。

ゼンマイには紙がくくりつけられてあり、このように書かれていました。

 

マキマスカ/マキマセンカ

 

菊は何の迷いもなく、からくり人形だと思ってゼンマイを巻きます。

その直後、人形の目が開き、人間と同じように動き始めたのです。

 

どんな仕組みで動いているのか、からくり人形に興味を持つ菊。

ですが、人形は怯えてしまい、ベッドの下から出てくることはありませんでした。

 




スポンサードリンク

 

 

翌日、菊は仕事を命じられて遥雲閣を訪れます。

坊っちゃんに忘れ物を届けるためですね。

 

遥雲閣は12階建ての豪華な建物で、誰でも入れる場所ではありません。

菊は、昇降機ガールをしている妹の華に忘れ物を渡し、まっすぐ帰路につきました。

※昇降機とは、現代で言うエレベーターのこと

 

仕事が終わって部屋に戻ってきた菊ですが、人形がまだベッドの下にいることが気になります。

なんとなく人形に向かってつぶやくように語りかけていました。

 

妹の華は遥雲閣で働いているのに、なぜ自分は入ることすらできないのだろう。

なんで姉妹でこんなにも違うのだろう。

 

愚痴のような話をポツポツとして、しまいには泣き出してしまいます。

 

そんな菊の前に人形が現れ、一言、

「負け犬」

そう言い放ったのでした。

 

びっくりした菊は、思わず人形を引っ張りだそうと騒いでしまいます。

それに観念したのか、人形は姿を表しベッドへ。

 

なんでも、人形は記憶を失っており、自分の名前すら思い出せないのだとか。

ただ、そんなことはどうでもいいと遮る人形。

菊に対し、勇気があれば大きな声で言いたいことを言えるようになると励まします。

 

「私は記憶を取り戻すために頑張るから、お前も大きな声で話せるようになると約束しよう」

 

約束の翌日、菊は女中たちに向かって大きな声で挨拶をしてみます。

最初は驚いた女中たちですが、もじもじしているよりもそっちの方がいいと褒めてくれたのです。

その勢いで坊っちゃんとも初めて長話をすることに。

 

どうやら、坊っちゃんはとある探し物をしているのだといいます。

その名も”薔薇乙女”

 

部屋に戻った菊は、うれしくて今日の出来事を人形に話します。

ふと、”薔薇乙女”という名前を出したとき、人形に異変が。

 

「私の名前は翠星石。薔薇乙女の翠星石…」

 

時を同じくして、妹の華にも異変が起きます。

なにげなく昇降機の階数を示す盤を見ると、ないはずの13階を指していたのです。

 

 

 

ローゼンメイデン0のあらすじは以上になります。

気になったらぜひ読んでみてください!

 

まとめ

新シリーズとして連載中のローゼンメイデン0(ゼロ)。

今回は、ローゼンメイデン0の最新刊である3巻の発売日はいつなのか、ローゼンメイデン0のあらすじといった話題について見てきました。

 

まだまだ物語は序盤ですからね。

この先の展開が気になるところです!

前作の薔薇乙女たちはどうなるのか、3巻の発売を楽しみにしていましょう!





スポンサードリンク





スポンサードリンク




スポンサードリンク

-IT・ゲーム・アニメ

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.