芸能

お笑い芸人年収ランキングトップ10!億越えも多数!【最新版】

更新日:

 

 

芸能人といえば、私たち一般人からは想像もつかないような金額を稼ぐイメージがありますよね。

何千万、何億といった桁違いの金額です。

トップクラスの芸能人ともなると、いったいいくらの金額を稼ぎ出すのでしょうか?

 

今回は、芸能人の中でもとりわけ高給取りであろう”お笑い芸人”について、その年収をランキングで見ていきます!

ネット上には、数多くの年収ランキングが公開されていますが、どれも金額や順位は違っていますよね。

対象となる年も、2017年だったり、2016年だったり、昔のデータを掲載しているサイトも多いです。

 

そこで今回は、2018年現在で公開されている新しいデータや、大手週刊誌、芸能関係者の声などを参考にして、お笑い芸人の年収をランキング形式でまとめてみました!

その異次元の金額に、あなたもきっと驚愕するはず…!




スポンサードリンク

 

10位 有田哲平

推定年収5億3000万円

テレビで見ない日はないと言っても過言ではないですよね。

所属事務所のナチュラルライトは、昔くりぃむしちゅーのマネージャーを務めていた人物が起こした事務所になります。

ギャラの相場は1本あたり100万円~。

9位 上田晋也

推定年収 6億2000万円

司会としての実力に定評のある上田さんが、有田哲平さんを抑えて9位にランクインです。

好きな司会者ランキングで上位をキープしており、実力だけでなく人気もあることがわかりますね。

ギャラの相場は1本あたり100万円~だそうです。

8位 浜田雅功

推定年収6億4000万円

お笑い界の”新ビッグ3”であるダウンタウンの浜田雅功さんがこの位置です。

相方の松本人志さんは番組制作にも携わっているため、浜田さんよりも高給取りであることは予想されますね。

現在のギャラ相場は1本あたり120~130万円だといいます。

 




スポンサードリンク

 

ここからは、もっと詳しく見ていきますよ!

推定年収の計算に加え、収入の内訳、さらにはお金の使い道といった部分も触れていきます!

 

 

7位 明石家さんま

推定年収6億7000万円

お笑い界”ビッグ3”の明石家さんまさんは、CM出演を切ったために7位という結果になりました。

ギャラの金額水準はあのビートたけしさんと同じで、超高額であるそうです。

 

ただ単にお金を稼げるだけではなく、節税にも気を配っているといいます。

吉本興業の所属ながらも、個人事務所を立ち上げて、そちらの方で仕事を受けているようですね。

必要なお金は、個人事務所の方で経費として落とすことで節税になるということです。

 

そのため、年収の金額に対して長者番付に載る金額が少なくなっているとのこと。

この技は、親友である島田紳助さん教えてもらったのだとか。

 

収入の内訳

総資産が100億円を超えているとのウワサもあるさんまさんですが、収入の内訳は次のとおりです。

・テレビ番組出演のギャラ

ギャラは1本あたり300万円~と、芸能人の中でもまさにトップクラス!

 

出演中のレギュラー番組は4本あります。

・踊る!さんま御殿!!
・痛快!明石家電視台
・ホンマでっか!?TV
・さんまのお笑い向上委員会

ということは、週給で1200万円、月収で4800万円、年収で5億7600万円となりますね。

また、スペシャル番組への出演も多数ありますので、それだけでも年収にして1億円ほどあるそうです。

 

ラジオ番組への出演は、

・明石家さんまのオールナイトニッポン

がありますが、ギャラは1本5万円という破格の安さになっていて、こちらはほとんど年収に影響を与えていないと考えられます。

 

CM出演に関しては、吉本興業との取り分でもめたために、「CMには出演しない」という意思を固めているようです。

 

お金の使い道

後輩との飲み会や食事に多額のお金を使っているようです。

自身でも、「そういうのにお金は人より使っている」と言うくらいです(笑)

たしかに、後輩の面倒見がいいことで知られていますからね。

 

また、「不景気だから、意識してお金を使うようにしてる」とも発言しています。

2016年2月11日放送の”徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル”で明かしていました。

 

自宅は、なんとビルを買ってリフォームをしたのだとか。

千代田区平河町にあると、2015年7月6日放送の”痛快!明石家電視台”で語っていましたよ。

自分の住まいとしているのは3階と4階で、間取りはそれぞれ1LDK だといいます。

 

寝室として使っている4階は、ビリー・ジョエルの”ニューヨーク52番街”をイメージして作ったそうです。

一方、リビングとして使っている3階は、1970年代のロサンゼルスにあるアイスクリーム屋をイメージして作ったとのこと。

 

愛車は、ベンツ・Gクラスに乗っており、約1800万円するそうです。




スポンサードリンク

 

6位 タモリ

推定年収6億5000万円

お笑い界の”ビッグ3”であるタモリさんが6位です。

”笑っていいとも!”が終了したことで年収が大幅に下がりましたが、それでもこの金額です。

 

現在も多くのレギュラー番組を抱えていますが、やはり”笑っていいとも!”での稼ぎが大きかったですね。

平日お昼は毎日放送されていたので、1番組だけで年間5億円近く稼いでいたと言われています。

 

収入の内訳

タモリさんの収入の内訳はこのとおり。

・テレビ番組出演のギャラ
・CM出演料

1本あたりのギャラはなんと300万円~。

タモリさんは自身の収入に興味がなく、ギャラ交渉もしたことがなかったのですが、それでもこの数字です。

まさに芸能界トップクラスですね。

 

現在のレギュラー出演番組は、

・タモリ倶楽部
・ミュージックステーション
・ブラタモリ

の3本です。

つまり、週給で900万円、月収で3600万円、年収で4億3200万円となりますね。

 

また、タモリさんのCM出演料は1本1億円と言われています!

現在出演しているのは、

・プレミアムボス
・スマートニュース

の2本なので、合わせて2億円

 

合計で6億5000万円ほどは稼いでいる計算になりますね。

 

お金の使い道

タモリさんのお金の使い方ですが、”笑っていいとも”に32年もの長い期間出演していたので、使う暇もなかったようですね。

朝起きて、走りに行って、朝食を食べる。そうするとまもなく出勤する時間になり、テレビの収録をする。

そんな生活を32年も続けていたものですから、いざ”笑っていいとも”がなくなってからは、暇を持て余すようになったといいます。

 

ただ、”笑っていいとも”で稼いだ金額は累計で135億円とも言われており、豪邸やクルーザーを買っていたようです。

目黒区にある自宅は、約3億3000万円。静岡の別荘は、3500万円もくだらないといいます。

さらに、1500万円するヨットや、5000万円するクルーザーを所有していたのだとか。

自身でヨットを所有するくらいの船好きで、”タモリカップ”と呼ばれるヨットレースも開催していました。

 

車にはそれほど興味はなく、愛車はベンツ・Gクラスと、トヨタ・アルファードであることが知られています。

 

愛妻家でもあるタモリさんは、奥さんとの旅行にはお金を惜しまないと思われます。

時間に余裕のある今、夢だった世界一周旅行に行くのでしょうね。

また、責任が持てないという理由で、子供は作っていないようです。

 

> 続きを読む 





スポンサードリンク





スポンサードリンク

-芸能

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.