グルメ

ヤマザキ春のパン祭りで効率いい方法は?おにぎりが対象の理由は?

投稿日:

1981年に始まり、今年で38回目を迎える春の風物詩イベント「ヤマザキ春のパン祭り」。

対象商品を購入し、シールを集めると白いオシャレなお皿と交換できるもので、毎年楽しみにしている方も多いと思います。

しかし「今年のデザインも可愛い」と集め始めるものの、途中で力尽きてしまう人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報です!実は「おにぎり」をはじめとするパン以外の商品も対象品目になっていることをご存知でしたか?

ここではおにぎりが対象品目に追加された経緯、シールを効率よく集める方法について紹介していきたいと思います。




スポンサードリンク

 

おにぎりも対象の理由は?

パン祭りなのにおにぎりが対象になっていることについてネットでは「炭水化物祭り」「飯(はん)祭り」と話題になりました。

山崎製パンの広報担当者によると、おにぎり等を対象品目に含めるようになったのは2015年からとのこと。

より多くの方にキャンペーンを楽しんでもらえるよう対象品目を拡大し、点数を集めやすくしたんだそうです。

 

また「デイリーヤマザキ」や「ヤマザキショップ」など、系列の販売店利用者に、ヤマザキグループが製造しているおにぎりなどの美味しさに触れてもらいたいという思いもあるようです。

毎日パンだと流石に飽きてしまいますが、おにぎりなどのご飯ものでもシールが集められるのであれば、毎日でも対象商品を食べられそうですね!




スポンサードリンク

シールを効率よく集める方法は?

シールにはそれぞれ0.5点〜3点と点数があり、お皿を手に入れるには、より高い点数の商品を購入することが近道だと言えます。

毎朝の食卓で活躍する食パン、テーブルロールは2〜3点が多く、点数が高めに設定されています。

食パンについては値段の割に枚数も多いため、お皿獲得には最もコスパのいい商品だと言えます。

とは言っても「シールを集めるためにとにかく対象商品を購入する」のではなく、「生活必需品を購入していく内に、いつの間にかシールが溜まっている」のが理想ですね。

 

またコンビニ「デイリーヤマザキ」、「ヤマザキショップ」等系列店にあるお弁当、麺類は点数は3点と最高点数となっています。

もし職場や家の近くに系列店がある方は、積極的に活用しましょう。

さらに、職場の方と協力して集める、キャンペーンに参加しない人から貰うなどすれば、よりシールを効率よく集めやすくなるかもしれませんね。

まとめ

・おにぎりが対象品目に加わったのは、顧客への感謝の気持ちを込めたサービス、企業の広報戦略の一環
・点数を多く集めるコツは、点数の高い商品を狙う。また家、職場の近くに系列店がある人は、積極的に活用する。

「ヤマザキ春のパン祭り」の対象品目におにぎり等パン以外の商品を追加したのは、より多くの方にキャンペーンを楽しんでもらうという顧客への感謝の気持ちを込めたサービス、山崎製パンの商品を周知するための広報戦略の一環だったんですね。

またシールを効率よく集めるには、点数が高い商品を狙う、系列店を積極的に活用することがお皿獲得への近道と言えます。





スポンサードリンク





スポンサードリンク

-グルメ

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.