季節

エアコン内部のカビの原因!吹き出し口やファンは?予防には送風

投稿日:

 

暑い時期となり、エアコンの出番が増える季節となりましたね。

1シーズンぶりにエアコンをつけてみたら、「なんか臭い…」と思いませんでしたか?

もし異臭がしているのであれば、カビが発生しているかもしれません!

 

そこで今回は、

・エアコンに発生するカビの原因

・内部、吹き出し口、ファンのカビの対処法

・カビ予防には送風が効果的な理由

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

エアコンに発生するカビの原因

部位別にカビの原因を見ていく前に、そもそもなぜエアコンにはカビが発生するのか見ていきましょう。

エアコンにカビが発生するメカニズムはというと、大きくホコリと湿度という2つの要因が関係しています。

 

エアコンは空気の温度を調節しようとすると、まず室内の空気を吸い込みます。

その空気をエアコン内部で温度調節して、再び吐き出すのですね。

この空気を吸い込む段階で、ホコリなどの汚れも一緒に吸い込んでいるのです。

それが徐々にエアコン内部に溜まっていくわけです。

 

また、エアコン運転時の内部の湿度をご存知でしょうか?

なんと湿度は90%以上にもなります!

まさにカビが発生するのに好条件が整っているわけです。

 

このホコリと湿度という2つの原因から、エアコンにはカビが発生しやすいのです。

では、部位別にカビが発生したときの対処法を見ていきましょう!

 

吹き出し口

外から唯一エアコン内部を見ることができる吹き出し口。

吹き出し口から中を覗いてみると、想像以上にカビがびっしり発生していて驚くでしょう。

 

「掃除したいけど、そんな大掛かりなことはできないし…」

なんて思うかもしれませんが、安心してください。

吹き出し口だけであれば、割と簡単に掃除できるのです!

 

必要なものは消毒用のエタノールとティッシュだけです。

消毒用エタノールはドラッグストアなんかで簡単に購入できます。

スプレータイプのものが使いやすいですよ。

 

どうやって掃除するかというと、

・エアコンのコンセントを抜く

・吹き出し口をゆっくり開ける

・消毒用エタノールを吹きかける

・ティッシュで拭く

 

たったこれだけでOKです!

吹き出し口は手も届きやすく、初心者でも簡単にカビの除去ができますよ。




スポンサードリンク

 

エアコン内部とファン

エアコン内部とファンのカビ対策ですが、こちらは吹き出し口と違って大変です。

水や洗剤を使うので、室内が汚れないようにビニールで覆う必要があるのです。

この時点で自分でやる気が失せたならそれでいいでしょう(笑)

素直にエアコン清掃のプロに任せた方が楽ですし、安全です。

 

ただ、「どうしても自分でやりたい…!」という人のために、カビ除去の手順をお話しますね。

掃除の順序は以下のとおりです。

 

・エアコンのコンセントを抜く

ファンの掃除でも同様でしたが、絶対にコンセントは抜いてください。

コンセントを差したままだと、感電や故障の原因になります。

 

・壁をビニールで覆う

エアコン内部とファンの掃除では水や洗剤を使う必要があります。

壁紙を汚さないようにビニールで覆わなければ、大変なことになってしまいますよ。

例えば、普段使っているゴミ袋を切り開いて使うのもアリですね。

 

・エアコンのカバーを外し、掃除機でホコリを吸い取る

まずエアコンのカバーを外すのですが、いきなりブラシでこすってはいけません!

掃除機で見えているホコリを吸い取る必要があります。

口から吸い込んでしまう危険性もありますし、なによりカビの原因となるホコリを取り除かないことには完全に除去できません。

 

・洗剤を吹き付け、ブラシでこする

洗剤はエアコン掃除用のものがホームセンターなんかで売っています。

スプレータイプで吹きかけて使うのですが、電子部品にかからないように注意です。

もしかかってしまったなら、完全に乾くまで電源を入れないようにしましょう。

故障の原因になります。

 

・水を吹き付けてすすぐ

汚れを落としてくれた洗剤をすすぎます。

霧吹きを使ってもいいのですが、意外と役立つのがおもちゃの水鉄砲です(笑)

狙ったところにピンポイントで水がかかるので、電子部品にかかりにくくなります。

 

・カバーを戻し、30分~1時間ほど送風運転をする

水分を飛ばして乾かすために送風モードで運転します。

きちんと乾燥させないとカビの原因になってしまうので、最後まで気を抜かずに作業しましょう!




スポンサードリンク

 

カビ予防には送風が効果的?

ここまでエアコンの掃除方法を見てきましたが、できれば自分でやりたくないですよね。

業者に頼むのもお金がかかってしまいますし。

そこで、日常的にカビ予防に役立つテクニックをご紹介します。

 

ポイントは送風モードにあります。

エアコンを使った後、普通であればただ電源をオフにして終わりですよね?

そうではなく、送風モードで運転すればよいのです!

時間は30分~2時間程度

 

こうすることで、エアコン内部に溜まった水分を乾かすことができます。

電源を切るときのちょっとした一手間がカビを予防してくれるのですね。

 

送風モードにしてタイマーをセットしておけば、わざわざ止める必要もありません。

というか、そのまま送風にしていることを忘れてしまいそうですもんね(笑)

 

大掛かりな掃除をしたくないのなら、日常的にできるカビ予防法を実践していきましょう!

 

まとめ

エアコンを使う機会が増えてくる季節がやってきましたね。

今回は、エアコン内部にカビが発生する原因や、吹き出し口やファンのカビ除去方法、送風モードでカビ予防する方法を見てきました。

 

久しぶりにエアコンをつけたら嫌な臭いが…という体験はあなたもしたことがあると思います。

あの瞬間の絶望感は本当にイヤですよね(笑)

カビの原因を知って、効果的に予防、対策をしていきましょう!





スポンサードリンク





スポンサードリンク




スポンサードリンク

-季節

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.