社会

Amazonの値引きや割引は違法?今後は定価販売?送料は値上げする?

投稿日:

国内の年間流通総額が2兆円を超える、ネット通販最大手「アマゾンジャパン合同会社」。

その安さのカラクリがAmazonではなく、仕入れ元メーカーの負担によって実現されていた疑いが濃厚です。

販売時に値引いた額の負担を、仕入れ元のメーカーに求めていた疑いがあるとして、違法ではないか?という声が上がっています。

ここでは上記の行為は違法なのか、今後価格は変化するのかについて考えていきたいと思います。




スポンサードリンク

Amazonの値引きは違法なのか

独占禁止法では、取引先よりも優位な立場であることを利用し、相手に不利益を与える行為を禁じています。

Amazonは商品を販売する際、メーカーに無断で値引きし販売した後、その差額分の負担をメーカーに求めていたようです。

メーカー側は協力を断れば、

・サイトでの商品広告が不利に扱われる
・ブランド力のあるAmazonに出品できなくなれば、消費者の目につかなくなる

として、支払いに応じていたようです。

 

この点について公正取引委員会は、取引上の優位な立場を使って不当な要求をすることは違法となる可能性があると考えています。

Amazonの広報担当者は「審査には全面的に協力する」とコメントしました。

 

 

今後は定価販売?

楽天やヨドバシカメラなど、インターネット通販に参入する企業が増加し、各社とも値下げ競争を繰り広げていました。

今回の調査を受け、値下げ競争、立場の弱いメーカーが負担を負う事態にストップがかかり、定価に近い価格(適正価格)での販売が予想されます

 

今後はその代わりとして、価格以外のサービスに力を入れることが予想されます。

例えばAmazonは、有料会員になると送料無料はもちろんのこと、動画見放題、本読み放題、音楽アプリ使い放題など、通販以外のサービスに力を入れています。




スポンサードリンク

 

送料は値上げする?

納入業者への負担と同じく話題になっているのが、配送料の値上げです。

Amazonは提携する配送業者の人材不足により、今年4月から配送料を値上げしました。

仕入れ元メーカーと同様、価格競争のため配送料を安く設定していたことによる負担を、配送業者が負っていました。

 

その結果として、人材不足、コスト増加につながったのです。

高齢化や利便性を考えると、インターネット通販は更なる利用数増加が予想されます。

人材不足により、配送業者に負担を強いることが難しくなることを考えると、今後も配送料の値上げは避けられないと思います。

 

一方でAmazonの有料会員については、現在配送料が無料であり、今後も継続する見込みです。

今回の値上げは、有料会員を増やすための経営戦略であるとも考えられます。

今後のAmazonは有料会員の獲得に力を注いでいくのではないでしょうか。

 

 

まとめ

「顧客第一」を掲げるAmazonは、翌日配送など便利で快適なサービスを提供し、消費者の支持を広げてきました。

その一方で、コスト削減の負担を仕入れ元メーカーや配送業者が負っていた等、Amazonと関係企業は不均衡な関係でした。

今後社会の視線はますます厳しくなることが予想されます。

Amazonには、インターネット通販業界のリーダー企業という立場を自覚し、公平な商売をする努力をして欲しいと思いますね。





スポンサードリンク





スポンサードリンク

-社会

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.