社会

アニサキスの見つけ方や見分け方!イカやサンマやサバの見た目は?

投稿日:

 

春先から食中毒が増えているのですが、その原因が今回ご紹介するアニサキスです。

魚やイカなどの魚介類に含まれている危険性があるということで、今話題になっていますよね。

実はこのアニサキス、肉眼で見たらわかるほどの大きさなのです!

 

そこで今回は、

・アニサキスとは

・アニサキスの見つけ方、見分け方

・イカ、サンマ、サバのアニサキスの見た目

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

アニサキスとは

まず、アニサキスのことをおさらいしておきましょう。

アニサキスとは、寄生虫の一種です。

最近よく言われている「アニサキスが魚介類に潜んでいた」というのは幼虫の状態なのですね。

長さ2~3cm、幅0.5~1mmほどなので、肉眼でも見たらわかるほどの大きさです。

色は白っぽく、糸のような見た目をしています。

 

魚介類には広く寄生し、以下のような種類には要注意ですね。

・イワシ

・カツオ

・サケ

・イカ

・サンマ

・アジ

 

主に魚の内蔵にいるのですが、鮮度が落ちてくると筋肉に移動してくるのです。

なので、魚をさばく際には特に内蔵に気をつける必要があります

内蔵を食べないのはもちろんのこと、すぐに取り除くのもポイントです。

鮮度が新しいものを選ぶことも重要ですね。

 

また、一般的な料理では広く使うのですが、

・食酢

・塩漬け

・醤油

・わさび

これらをつけたとしても、アニサキス幼虫が死滅することはないので注意が必要です。

一番重要なのは、”肉眼で確認して、取り除く”ことです。

では、アニサキスの見つけ方や見分け方はどうしたらいいのでしょうか?




スポンサードリンク

 

アニサキスの見つけ方や見分け方

ここからはアニサキスを絶対に避けるために、見つけ方や見分け方を見ていきます。

上の方でも触れましたが、アニサキスは長さ2~3cm、幅0.5~1mmほどの大きさがあります。

十分肉眼で見たらわかるくらいの大きさですね。

 

主に内蔵に寄生していますが、鮮度が落ちると筋肉に移動してくるともお話しました。

つまり、魚をさばく段階では内蔵以外の部位にアニサキスがいる可能性があるのです!

これらは肉眼で確認して、絶対に口に入らないようにしたいですよね。

 

見つけ方なのですが、アニサキスは白い糸のような見た目をしています。

「あれ、魚をさばいたら糸がついてるぞ?」

それ、アニサキスです!

そのまま取り除くだけで、魚自体には何の害もありません。

なにかしらの処理をすることなく食べることができます。

 

刺し身など、生で食べる際は本当に注意深く見てみてください。

見落とした、では済まされないので。

 

また、アニサキスを見つけるのにどうしても自信がない…という人は、生で食べない方がいいです。

わざわざアニサキスを取り込むかもしれないリスクを犯す必要はないですからね。

 

アニサキスは、加熱するか冷凍するかすれば死滅させることができます。

・70度以上の加熱(即)

・-20度以下で冷凍(24~48時間以上)

簡単なのは加熱の方ですかね。

一瞬でアニサキスを死滅させられるので。

 

そして、どうしても生のまま食べたい!という人のために食材ごとの見つけ方もご紹介します。




スポンサードリンク

 

イカの見た目

 

イカの場合は写真のような見た目になります。

白い糸を探す感覚だと、見落としてしまいそうですよね。

イカを調理する際のポイントをお話します。

 

どの食材でも共通するのですが、まず内蔵はすぐに取り除きましょう

アニサキスがいる可能性が一番高いので。

 

そして目視で確認するのですが、切り身で販売されているものも肉眼で見た方がいいです。

見つけたらキッチンペーパーでくっつけて取りましょう。

 

さらに念を押すなら、水で洗うことをオススメします。

細菌なんかと違い、アニサキスは大きい分流れ落ちます。

 

刺し身にするときは、細かく切れ込みを入れることも有効です。

アニサキスを物理的に切ることでも効果があるのです。




スポンサードリンク

 

サンマやサバなどの魚類の見た目

 

イカと同じく、4つのポイントに注意です。

・内蔵をすぐに取り除く

・目視で確認する

・水で洗う

・切れ込みを入れる

 

また、サンマやサバをお店で買う際は、以下の2つのポイントに注意しましょう。

・刺し身用と表示しているもの

・冷凍したもの

 

刺し身用であれば、新鮮なものが多いためアニサキスがいる可能性は低いです。

※もちろん100%ではないのでご注意を!

 

また、冷凍することでアニサキスが死滅することはお話しましたよね。

サンマやサバでなくとも全ての食材で共通します。

 

まとめ

食中毒の猛威を奮っているアニサキスですが、非常に怖いですよね。

今回は、アニサキスとは何なのか、見つけ方や見分け方、そしてイカやサンマ、サバの見た目について見てきました。

 

魚介類を食べないことが確実な予防法ではあるのですが、ここで見てきた対処法を実行すれば怖いものではありません。

目に見えない細菌の方がよっぽど恐ろしいですよ。

きちんと対策をして、おいしく魚介類を食べましょう!





スポンサードリンク





スポンサードリンク




スポンサードリンク

-社会

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.