社会

国民民主党の政策や理念!メンバーや代表は誰?増税への影響は?

更新日:

 

民進党と希望の党は新党である国民民主党の結党を開き、世間でも注目されています。

国民民主党は、立憲民主党が含まれていない事に反発して不参加の動きも拡大している事実もあります。

新メンバーや代表は気になるところですが、民進党の岡田克也、元代表の野田佳彦は離党届を提出したことから私も気になっています。

今回は国民民主党の政策や理念、気になるメンバーや増税への影響についてご紹介します。




スポンサードリンク

 

国民民主党の政策や理念は?

国民民主党の政策としては、

集団的自衛権の限定的行使を認めた安全保障法制の違憲と疑われる部分を見直す表現を採用する事や、エネルギー政策に関しては将来的な原発ゼロ

を掲げました。

 

民進党は、政権批判が多く具体性のない政策から国民から支持されていない事実はありますが、

一方で希望の党の政策としては、廃炉を含めて原発に対してしっかりと考え取り組むという原発ゼロでした。

 

国民民主党の政策や理念としては、希望の党の政策であった原発ゼロという部分を受け継いでいる形になっていると感じました。

個人的には政権批判が多い民進党は、国民から支持されていない事実も気になるところに感じますが(笑)。




スポンサードリンク

 

メンバーや代表は誰?

 

民進党と希望の党の一部議員が合流した新党である国民民主党ですが、民進党の大塚耕平代表希望の党の玉木雄一代表が共同代表に選出されました。

大塚氏か玉木氏のどちらも国民のためにと訴えていますが、離脱者も多く危うい船出のなっていますね(笑)。

国民民主党のメンバーとしては、衆議院議員が39人、参議院議員が23人の合計で62人と発表されました。




スポンサードリンク

 

増税への影響は?

話題になっている増税問題ですが、国民民主党という党名を変えようが騙されないというネットの声も多いです。

民主党政権時に民主党は自民党と同じ政治をし、消費税を増やして大企業には減税という過去のことから大きな影響が出るのではないかと予想されています。

これ以上さらに税金が増える、国民の支持率の低い政党に収めている税金を使われることは私もよい気持ちがしていません。

民進党の大塚氏はゼロからの出発という表現を訴えていましたが、虚数状態というネットの声も多いです(笑)。

 

まとめ

民進党に希望の党のメンバーが加わって出来る新党の国民民主党。

代表はどうなるのか気になる部分だと思いますが、民進党の大塚氏と希望の党の玉木氏が共同代表に選出されました。

立憲民主党との連携を望む国会議員が反対したことで離脱者が続出したことも波乱を呼んでいます。

 

国民民主党の政策としては、希望の党の政策であった原発ゼロや、集団的自衛権の限定的行使を認めた安全保障法制の違憲と疑われる部分の見直しなど、民進党の国民の支持率の低さと合わせて今後に注目出来そうです。

ネットでは国民民主党の批判する意見も多く、波乱が巻き起こるのではないかと私は感じています(笑)。





スポンサードリンク





スポンサードリンク




スポンサードリンク

-社会

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.