スポーツ

エクスプレス打線は西武の選手!チーム打率と打点は?名前の由来は

更新日:

今年もプロ野球が開幕して早1ヶ月が経とうとしていますが、パ・リーグは西武ライオンズが開幕スタートを切ったようですね。

今回は、さっそくペナントレースの首位に位置づけている西武の強さの秘密に迫っていきます。

今年の西武打線は”エクスプレス打線”と言われており、その打撃成績がすさまじい事になっているのです!

では、今話題のエクスプレス打線について見ていきましょう!




スポンサードリンク

 

名前の由来は西武鉄道?

気になるエクスプレス打線の由来なのですが、これは西武鉄道に由来しているようです。

野球ファンは当然ご存知かと思いますが、西武ライオンズのオーナーは西武鉄道になります。

この鉄道名に経緯を表して、”エクスプレス打線”という名前がつきました。

列車のような勢いで迫る打線というイメージですね。

西武の破壊力を表すには、なかなかいい表現だと思うのは私だけでしょうか?(笑)

 

ちなみに、名付け親はNHKの偉い人だと思われます。

NHKの番組内で紹介されていましたからね。

 

他にもあった打線名の候補としては、

ダイハード打線
史上最強打線
レオパルド打線
山賊打線
マシンガン打線
ノーリミット打線
ライオンキング打線

こういうのがあったみたいですね。

Twitterでのイチオシは”山賊打線”でした。




スポンサードリンク

 

エクスプレス打線とは?

エクスプレス打線とは、今季の西武ライオンズを象徴する重量打線のことです。

プロ野球界において、過去にも阪神の”超変革打線”や、ロッテの”マリンガン打線”など打線に名前がつくことは度々ありました。

どうやら、2018年は西武の”エクスプレス打線”で決まり!のようです。

 

さて、気になるオーダーを見ていきましょう。

1.秋山翔吾  .322 25本
2.源田壮亮  .270 3本
3.浅村栄斗  .291 19本
4.山川穂高  .298 23本
5.森友哉   .339 2本
6.中村剛也  .217 27本
7.外崎修汰  .258 10本
8.金子侑司  .272 5本
9.炭谷銀仁朗 .251 5本

※成績は2017シーズンのもの

日によって多少のオーダー変動はあるものの、1~6番打者はこの順で固定されています。

昨季の成績を見てわかるとおり、好打者がずらりと並んでいますね!

 

シーズン216本の安打製造機・秋山選手から始まり、昨季新人王の源田選手、2013年打点王の浅村選手と続きます。

さらに、新4番の山川選手、若手有望株の森選手、おかわりくんこと中村選手がなんと6番!

これだけ豪華で贅沢な打線は12球団見回してもいないですよ!

そりゃ、”エクスプレス打線”だなんて名前がつくわけです。




スポンサードリンク

 

 

ライオンズの打率と打点は?

いくら昨季の成績がよくてもよくわからないよ…なんて人のために、今季の打率や打点といった打撃成績もまとめて見ましたよ!

20試合を戦って、16勝4敗とまさに無敵な西武。

これまでの通算得点はなんと130得点です!

単純に1試合の平均を出してみると、6.5点もとっているのです。

…そんなに点とらなくても勝てるよ(笑)

 

ちなみに、パ・リーグ6チームの平均得点が約87点ですから、どれだけ異常な数値なのかおわかり頂けますよね?

チームの得失点差にすると+43。得失点差2位のソフトバンクですら+1ですからね?

チーム打率も.288で文句なしのトップ。

今季の西武打線はまさにエクスプレスの勢いです!

無敵のライオンズに待ったをかけるチームは現れるのでしょうか?

まとめ

・”エクスプレス打線”は西武の重量打線のこと
・名前の由来は”西武鉄道”
・1試合平均6.5得点

まだシーズンが始まって1ヶ月とはいえ、この圧倒的な強さを止めるチームが現れるのか不安になってきますよね。

夏前までにある程度食らいついておかないと、リーグ優勝はこのまま西武に持っていかれてしまいそうな状況です。

長い長いペナントレース、これからまだまだ楽しめそうです!





スポンサードリンク





スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.