スポーツ

イチローは引退してない?来季の日本開幕戦で選手復帰の可能性は?

投稿日:

現在、事実上の引退と報道されているイチロー選手ですが、”来季以降は選手としても出場できる”といった声も聞こえてきますよね?

引退なのか、引退じゃないのか、よくわからない…あなたもそう思っているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

・イチローは引退してるのか引退してないのか
・来季の日本開幕戦で復帰する可能性はあるのか

といった話題について見ていきます。

私も大好きなイチロー選手なので、今後の動向が気になるところです!

 

イチロー選手についてはこちらもどうぞ!

→イチローの引退試合はいつ?今後はマリナーズの監督やコーチか?




スポンサードリンク

イチローが就任した球団アドバイザーとは?

さて、”事実上の引退”と報じられたイチロー選手ですが、それと同時にマリナーズの”球団アドバイザーに就任”したことが注目されていますよね。

この”球団アドバイザー”というポジションですが、今まで野球界では聞いたことがありません。

マリナーズがイチロー選手のためだけに用意した地位であることは明らかですよね。

 

では、球団アドバイザーとは、いったいどういった役割を持つのでしょうか。

その特徴を見ていきます。

マリナーズの選手をサポートする

”アドバイザー”という名前もついていますから、当然マリナーズの選手に対してアドバイスをするものと考えられます。

イチロー選手自身、10年連続200本安打を達成するなど高い技術を持っている選手ですから、指導する力もずば抜けているはずです。

自分の中で論理的な方法に基づいて練習をしているので、それを他の選手にも伝えてほしいという球団のねらいもあるわけですね。

 

役割的には、コーチが一番近いかなと思います。

イチロー選手がどこまで口を出すのかはわかりませんが、ひょっとして監督やコーチに対しても意見をしたりするのでしょうか。

”球団”アドバイザーですから、その可能性もありますよね。

 

自身も今までどおり練習を続ける

イチロー選手は”最低でも50歳まで”は現役選手としてプレーをしていたいといいます。

現在44歳ですから、少なくとも6年は現役でいたいのですね。

そのため、球団アドバイザーとなっても今までどおり練習は続けるのだそうです。

試合に出るか出ないかは別として、プレーできる体を維持するということです。

 

また、イチロー選手が練習をすることで、他の選手の手本となるメリットもあります。

天才と言われているイチロー選手ですが、本当は誰よりも練習をしています。

44歳の選手が尋常じゃない量の練習をしているとなれば、それを見た他の選手は励みになりますよね。

マリナーズとしては、そういう効果もイチロー選手に期待しているのです。

 

今季は選手として出場できない

どうやら、今シーズンだけは選手として試合に出場することはできないようです。

詳しいことはわかりませんが、そういう契約内容になっているのだとか。

現在メジャー1年目にして大活躍をしている大谷翔平選手との対戦が見られないのは残念ですが、契約上の理由であれば、何も言えないですよね。

 

来季以降は選手として出場ができる

選手としての出場ができないのは今季だけで、来季以降は”怪我人が出るなどの事情があれば”試合に出場する可能性もあるそうです。

球団アドバイザーというポジションがますますわからなくなってきましたね。

例えるなら、選手兼コーチのようなものでしょうか。

普段は指導をする立場にあって、緊急事態では試合に出ることもあると。

 

ただ、この”来季以降は出場できる”という契約には、とある理由が隠されているのではないかとのウワサがあるのです。

そこに隠されたマリナーズの目的とは…?




スポンサードリンク

 

選手として復帰する可能性は?

来季以降も試合に出場できるということで、選手として復帰する可能性はどのくらいあるのでしょうか。

怪我人が出るなどの理由があれば試合に出るとは言うものの、イチロー選手は現役にこだわっていますからね。

また、今までどおりプレーしたいと思っているはずです。

 

結論から言うと、復帰可能性は低いと思います。

これには、”来季以降は出場できる”という契約に隠されたある理由があるからです。

 

来季2019年のメジャーリーグ開幕戦は、なんと日本で行われます。

メジャーリーグの球団が日本で開幕戦を行うのは7年ぶり5度目となるのですが、その開幕試合の予定はマリナーズ対アスレチックスなのです。

 

イチロー選手が”来季以降出場可能”という特殊な契約を結んだこと、

来季は日本で開幕戦が行われること

その対象となる球団がマリナーズだということ

 

以上を考えると、イチロー選手を日本開幕戦で選手として出場させるために、球団アドバイザーとしたのではないかと予想されるのです。

 

本来であれば、年齢的にも体力的にも選手として活躍できる状態ではないはず。

そのまま引退という形になるのが一般的な野球選手だと思います。

 

ただ、引退してしまうとイチロー選手の”最低50歳まで現役”という目標を叶えることができなくなります。

さらに、日本でマリナーズが開幕戦を行うという絶好のタイミングを逃してしまう…。

 

マリナーズがイチロー選手のことを最大限思いやった結果が”球団アドバイザー”という形なのではないでしょうか。

なので、日本の開幕戦に出場して、それを最後に選手としての実質的な引退となると考えられます。

選手として復帰する可能性は薄いと思いますね。

 

 

まとめ

イチロー選手が突然の”球団アドバイザー”就任ということで、引退してるのか引退してないのか曖昧な状態となってしまいましたね。

また、来季の日本開幕戦で選手として復帰する可能性はあるのかといった面も見てきました。

 

どんな形であれ、イチロー選手が野球に携わるのは嬉しいことですし、来季の日本開幕戦でプレーする姿が見られれば申し分ないです。

イチロー選手とマリナーズとの絆が伺える一件でしたね。

今後も野球界のレジェンドとして、語り継がれていく姿を見守っていきたいです。

 

イチロー選手についてはこちらもどうぞ!

→イチローの引退試合はいつ?今後はマリナーズの監督やコーチか?





スポンサードリンク





スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.