スポーツ

井上尚弥の当日の体重は?人柄や評判は?マクドネル戦の評価も

更新日:

 

プロボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチにて、井上尚弥選手が勝利を収めました!

対戦相手は王者のジェイミー・マクドネル選手。

今回の勝利で、井上尚弥選手は日本人史上最速となる世界3階級制覇を達成しました。

 

そこで今回は、

・井上尚弥の3階級制覇の詳細

・マクドネル戦の評価

・当日の体重

・人柄や評判

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

井上尚弥が歴代最速3階級制覇!

5月25日に行われたプロボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチにて、井上尚弥選手が勝利しました!

対戦相手はバンタム級王者であるジェイミー・マクドネル選手。

井上尚弥選手は、プロ16戦目での世界3階級制覇となりました。

 

この記録は日本人史上最速となります!

井上尚弥選手が記録を更新する前までは、井岡一翔選手のプロ18戦目での制覇が最速記録でした。

 

これにより、WBSSへの参加も表明しました。

詳しくはこちらをどうぞ。

井上尚弥とテテはどっちが勝つ?試合はいつ?テレビ放送の日程も

 

井上尚弥選手という日本の新たなヒーローの誕生ですね!

井岡一翔選手の記録も非常にすばらしいものですが、それを上回る井上尚弥選手も相当な実力者といえます。

 

では、今回のマクドネル戦の評価はどのようなものなのでしょう?

 

マクドネル戦の評価は?

マクドネル戦での試合の評価を見ていきます。

決着はわずか1ラウンドでつきました。

井上尚弥選手の左ボディーでダウンを奪うと、そのままラッシュをしかけ、たまらずレフェリーのストップが入りました。

そのままTKO勝ちです。

 

圧倒的優位で試合を終わらせた井上尚弥選手に対し、ネット上では以下のような評価をされています。

 

この試合で、井上尚弥選手は世界戦6連続KO勝利を収めました。

この記録はあの具志堅用高さんに並ぶ大記録です!

 

また、通算10戦目での世界戦KO勝利も歴代最多タイ記録となっています。

こちらは内山高志選手の記録ですね。

 

通算成績を16勝14KO無敗とし、圧倒的な強さを誇っていますね!

プロボクシングの新時代を切り開くのはこの井上尚弥選手かもしれません!




スポンサードリンク

 

井上尚弥の当日の体重は?

さて、今回のマクドネル戦では、計量による体重の増減がポイントでした。

山中慎介選手との世界戦で体重超過をしたルイス・ネリ選手は記憶に新しいですよね。

ジェイミー・マクドネル選手もこの計量でちょっとした問題を起こしていました。

 

計量の予定時間を1時間以上も遅刻してきたマクドネル選手。

その足取りはふらついており、診断によると脱水症状だったそうです。

 

計量に遅刻してくるとは、あのネリ選手を彷彿とさせる事態でした。

結果的に計量をクリアしていたものの、驚きなのは試合当日の体重です。

 

2人の体重は以下のとおりです。

・井上尚弥…59.5kg

・マクドネル…65.3kg

 

なんとマクドネル選手がたった1日で12キロも体重を戻しており、5.8kgという体重差での試合となりました。

この圧倒的不利な状況をくつがえし、見事勝利を収めた井上尚弥選手はさすがとしか言いようがないですね!




スポンサードリンク

 

人柄や評判は?

井上尚弥選手の人柄や、周囲からの評判についてです。

性格的にはあまり落ち込まないタイプで、思い込むことはめったにないといいます。

常にポジティブな気持ちで、ストイックにボクシングに打ち込んでいるのです。

 

そんな人柄からか、井上尚弥選手は友達とよく遊びに行くのだそうです。

一緒にカラオケに行くことが多いのだとか。

本人曰く、遊ぶときは遊ぶ、練習するときは練習するとメリハリをつけた生活を送っていると語っていいます。

 

 

そして、ボクシング選手としての評判についてです。

海外の反応はというと、

「マクドネルが勝てる確率は1%。モンスター、ゴジラにやられるだろう。」

 

「このアジアの男が強烈なパワーで止めるだろうね。」

 

「ジェイミーにとってタフな戦いになるが、井上は決して勝てない相手ではない。」

 

「ナオヤには簡単な仕事だろうな!」

 

「マクドネルはいいファイターだが、井上にチャレンジするにはちょっと敷居が高いか。」

 

このように、井上尚弥選手を非常に高く評価する声が多数上がっています!

今回で世界3階級制覇だけあって、海外でも評判は高いようですね。

 

まとめ

5月25日に行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチにて、見事勝利した井上尚弥選手。

今回は、マクドネル戦での評価、当日の体重、人柄や評判、海外の反応について見てきました。

 

5.8kgという体重差があったにも関わらず、圧倒的な強さを見せつけた井上尚弥選手でしたね。

日本のエースとして、これからもどんどん記録を塗り替えていってほしいです!

まさかの世界4階級制覇なるか!?

今後の活躍を期待しましょう!





スポンサードリンク





スポンサードリンク




スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© ニュースライブラリー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.