グルメ

ノンアルコールビールがペットボトルで透明な理由!値段や発売日も

投稿日:

 

近日ペットボトルのノンアルコールビールが発売されるとあって、世間の注目を集めています。

液体が透明で、ペットボトルに入っているという目新しい点が人気となっている要因の1つのようですね。

ここにきてペットボトル入りの透明ノンアルコールビールが発売ラッシュとなる理由はなぜなのでしょうか?

 

そこで今回は、

・ノンアルコールビールがペットボトルの理由

・ノンアルコールビールが透明な理由

・値段や発売日

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

ノンアルコールビールがペットボトルの理由

アサヒやサントリーと、各ビールメーカーが続々とリリースしているペットボトル入りのノンアルコールビール。

今までは普通のビールと同じく缶や瓶に入っていたのですが、ここにきてペットボトルを採用する理由はなぜなのでしょうか?

 

これには現代のノンアルコール需要が関係しています。

ノンアルコール飲料を求める人が年々増えてきており、売上高も前年と比べて5%ほど伸びているのだとか。

それに加え、各ビールメーカーがノンアルコールビールの新たな飲み方を提案してきているのです。

 

これまでのノンアルコールビールといえば、車を運転する人が飲み会で仕方なく飲むものでした。

ところが最近話題となっているペットボトル入りのノンアルコールビールは、日常的に飲むために作られているのです。

 

どういうことかと言いますと、例えば職場での仕事中やスポーツの後に飲むことを想定しているのです。

”ビールの代わり”としてではなく、”ビールの味を楽しみたい人”をターゲットとしているのですね。

ペットボトルとすることで、ジュースのようによりカジュアルに楽しむ目的があるのです。

 

 

ちなみに、ペットボトルとしたことで炭酸が抜けてしまわないかが気になるところですよね?

ここらへんも抜け目がなく、炭酸ガスを通常のノンアルコールビールの3割増しで入れているとのこと。

キャップを閉め、時間をおいても炭酸が抜けないように工夫されているのですね。




スポンサードリンク

 

ノンアルコールビールが透明な理由

では、ノンアルコールビールをわざわざ透明な液体とした理由はなぜなのでしょうか?

これには、上でも触れたとおり”日常的に”ノンアルコールビールを飲んでもらいたいという狙いがあります。

 

いくらノンアルコールだと言っても、黄金色で泡の立っている飲み物だったらどうでしょう?

仕事中に飲んでいると周りの目が気になりますよね?

また、職場の風紀を乱すからとかなんとか言われる可能性だってあります。

 

そこで、日常的に飲む際の抵抗感をなくすために透明な飲料としたのです。

周りから見れば、まるで炭酸水を飲んでいるかのように見えますよね?

より気兼ねなくノンアルコールビールを飲んでもらうために透明としたわけです。




スポンサードリンク

 

値段や発売日は?

現時点では、ペットボトル入りの透明ノンアルコールビールはアサヒとサントリーの2社から発売予定です。

その値段と発売日を確認しておきましょう!

 

メーカー 商品名 容量 値段 発売日
アサヒ ドライゼロスパーク 500ml 201円前後 7月3日
サントリー オールフリーオールタイム 380ml 150円前後 6月19日

 

各社のノンアルコールビールはこのとおりです。

アサヒとサントリーでは容量が異なるのがポイントですね。

初めて登場するペットボトル入りノンアルコールビールですから、どちらがより需要があるかが気になるところです。

まずはお試しでサントリーのオールフリーオールタイムから買ってみるのがいいかもしれませんね。

 

まとめ

ペットボトル入りのノンアルコールビールが続々と登場しているビール業界。

今回は、ノンアルコールビールがペットボトルの理由、透明な理由、値段や発売日といった話題について見てきました。

 

ビールの味が好きな人にはたまらない商品ですよね。

仕事中にノンアルコールビールを楽しめるようになるのは嬉しいことです。

キリンとサッポロも後々同じような商品を出してくることでしょう。

そちらの発売も楽しみですね!



-グルメ

Copyright© やもりの里 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.