季節

梅雨の湿気対策!洗濯物の部屋干しは扇風機かエアコンか?効果は?

更新日:

 

6月といえば雨の多い梅雨の時期ですよね。

梅雨になると、洗濯しても部屋干しの機会が増えると思います。

このとき湿気対策をしないと、衣類やお部屋が大変なことになってしまいますよ…

 

そこで今回は、

・梅雨に湿気対策しないとどうなるのか

・洗濯後の部屋干しでは扇風機とエアコンのどちらが効果的か

といった話題について見ていきます。




スポンサードリンク

 

梅雨に湿気対策しないと…

梅雨の時期になると、雨が降っているせいで洗濯物を外に干せない状況が続いてしまいますよね。

仕方なく洗濯物は部屋干しに…となる人がほとんどだと思います。

 

では、湿気対策をしないまま洗濯物を部屋干ししてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

まず、単純に部屋の中が湿気でムシムシしてきますよね。

こもったような空気で、だいぶ居心地が悪くなってしまいます。

 

また、洗濯物以外にも家の中の物が湿気ってきます

紙類なんかはすぐに湿気の影響が出ますよね。

湿気でふやけてしまい、乾いたら乾いたで紙がぼこぼこになってしまいます。

 

 

そして、ここからが梅雨の湿気の重要なところです。

細菌やカビが発生しやすくなるのです!

 

湿気がたまると、部屋干ししている洗濯物から生乾き臭がしてきて、変な匂いがしますよね?

実はそれ、雑菌が繁殖しています。

雑菌が付着することで、湿気がなくなっても変な匂いが残ることもありますよ。

 

また、一番厄介なのはカビです。

梅雨で湿気がたまると、カビにとってはちょうどいい環境が出来上がるのです。

棚の奥、壁、天井など、到るところにカビが発生するので注意が必要です。

 

 

また、害虫も発生しやすい時期になります。

梅雨になると菌やら虫やら本当に大変ですよね。

害虫対策でしたらこちらもどうぞ。

梅雨時期の害虫駆除!シロアリ予防と対策は?室内や家の中にも

 

ざっと湿気対策しないときの問題点を見てきましたが、できればどれも避けたいものですよね。

洗濯物を部屋干しする場合は、徹底して湿気対策をする必要があります。

 

そこで登場するのが扇風機やエアコン。

どちらも湿気対策には効果的な家電ですよね。

では、梅雨時期に多い洗濯物の部屋干しにはどう使えばいいのでしょうか?




スポンサードリンク

 

洗濯後の部屋干しはどっちが効果的?

洗濯後の部屋干しにおいて、効果的だとされているのが扇風機とエアコンです。

ただ、どっちの方が効果的なのか?と聞かれてわかりますか?

わからない人のために、扇風機とエアコンのどちらが効果的なのか、そのメリットを見ていきましょう!

 

扇風機

洗濯物を早く乾かしたい!という人には扇風機がオススメです。

エアコンと違い、洗濯物に直接風を送るので、部屋干しが早く終わります。

洗濯物を干してある場所にピンポイントで風を送れるのが大きなメリットですよね。

首振り機能を使えば、洗濯物全体にまんべんなく風を送れます。

 

ただ、注意してほしいのが扇風機では湿気対策にはならないということです。

どういうことかと言いますと、扇風機はあくまでも風を発生させることしかできません。

肌に当たればひんやりして気持ちいいですが、風を起こすだけで湿気対策とはならないのです。

 

では、扇風機を湿気対策に使うにはどうすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単で、窓を開けて部屋の中の空気を循環させるために使えばいいのです。

梅雨時の湿気がどういう理由で発生するかといったら、換気不足が主な原因です。

窓を締め切っているから空気がこもり、同時に湿気もたまってしまうのですね。

 

なので、窓を開け、湿気を含む空気を扇風機で外に押し出してやればいいのです。

このとき、扇風機は窓側とは反対の壁に向かってセットしましょう。

部屋の奥側に風を送ることで、空気を入れ替え、湿気を外に出すことができます。

 

洗濯物の部屋干しによる湿気対策としては、

・洗濯物に扇風機の風を当てて、早く乾かす

・窓を開け、湿気を含む空気を逃がす

 

この2ステップが必要になるのです。

 

扇風機の置き方についてはこちらもどうぞ

扇風機の効率的な置き方!首振りや向きは?置き場所や配置も




スポンサードリンク

 

エアコン

扇風機の使い方を見てきたところで、今度はエアコンによる湿気対策を見ていきましょう。

エアコンには、冷房や暖房など様々な機能がありますよね。

その中でも部屋干しの湿気対策にはドライモードを使います。

※メーカーによっては除湿モードという名前の場合もあります。

 

このドライモード、意外と冷房モードとの違いが知られていません。

・冷房…部屋の温度を下げる

・ドライ…部屋の湿度を下げる

 

このような違いがあります。

なので、湿気対策に使うにはドライモードでないと意味がないのです!

 

ドライモードを使うことで空気中の水分が減り、湿気が少なくなります。

 

部屋干しをしている際は、洗濯物が乾くことで空気中に湿気が増えていきます。

空気が乾燥しているときは洗濯物が早く乾くのですが、湿気が増えると乾くまでの時間が長くなってしまいます。

ドライモードでこの湿気をとることによって、洗濯物がより早く乾く効果もあるのですね。

 

エアコンによる湿気対策をまとめると、

・冷房ではなくドライモードを使用する

 

これだけでOKです!

洗濯物が早く乾き、部屋干しの時間が短くなるのはもちろんのこと、空気中の湿気もとってくれます。

扇風機とは違い、ボタン1つで湿気対策が終了するのがメリットですね!

 

ドライモードのさらに詳しい説明はこちらもどうぞ。

梅雨のエアコンのドライ設定温度!クーラーの除湿は寒い?使い方も

 

その他エアコンのトラブルはこちら

エアコンのリモコン液晶画面が映らない!賃貸で無くした!汎用の設定は

エアコン内部のカビの原因!吹き出し口やファンは?予防には送風

 

まとめ

梅雨になり、湿気対策を本格的に考える時期となりました。

今回は、梅雨時に湿気対策をしないとどうなるのか、洗濯後の部屋干しでは扇風機とエアコンのどちらが効果的なのかといった話題について見てきました。

 

部屋干ししかできない状況では、湿気対策は本当に気をつかいますよね。

毎年梅雨の時期は扇風機やエアコンを駆使して、雑菌やカビの繁殖をなんとしても抑えたいものです。

扇風機でもエアコンでも、あなたが使いたい方を選びましょう!



-季節

Copyright© やもりの里 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.