季節

梅雨が植物の生育に影響?病気で枯れる?雨に強い多肉植物の関係も

投稿日:

 

ジメジメしている梅雨は生活しにくく嫌な人も多いと思いますが、植物の生育にも影響すると言われています。

植物の種類にもよりますが、病気で枯れてしまったりと梅雨の時期には植物の管理方法も注意が必要になると言えます。

植物は水が必要なもので、梅雨の時期にはより育つものだと私は思っていましたが、植物の世界はもっと奥深いものみたいです(笑)。

今回は梅雨が与える植物への影響と病気、雨に強いとされる多肉植物の関係についてご紹介します。




スポンサードリンク

 

植物は梅雨になると病気で枯れる?

梅雨の時期には、植物の葉がいきなりしおれて茎が倒れてしまうことが良くあり、梅雨の時期には病気が発生しやすいと言われています。

病気で枯れてしまう要因としては、土壌中にいるカビの仲間が引きおこす病気が関係しています。

湿気も多くなりますし、カビが発生する条件も整っていますからね。

梅雨時期には仕方のないことかもしれません。

 

植物が病気で枯れてしまう”立ち枯れ病”というものがあり、病原菌が植物の茎に感染することで起こります。

茎が腐敗して水分がしっかり循環しなくなってしまい、水を与えても植物がしおれたままで、そのまま枯れてしまうのです。

植物にとっての生命線とも言える茎に影響を与えるので、為す術なく枯れてしまうのですね。

 

加えて梅雨は植物にストレスがかかりやすい時期でもあり、ストレスが病気と大きく関係していると言えます。

植物にとってのストレスとは、具体的に乾燥や酸欠、寒さや栄養欠乏などが挙げられます。

生育に大きく影響してくる部分ですから、梅雨時期は普段より気を使う必要がありますね。




スポンサードリンク

 

梅雨が植物の生育に影響する?

植物にとって、梅雨は生育に大きく影響すると言えます。

生育に関するメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

生育へのメリット

梅雨は1年の中で特に植物が生育しやすい時期です。

というのも、梅雨時期は適度な温度で、水も豊富にあるからです。

 

基本的に植物にとっては、肥料や気温、水などが一番有効的に働き、作用するのが梅雨の時期であると言えます。

バランス良く植物の生育に必要なものを与えると植物の生育の伸びが圧倒的に違います。

 

そのため、あえて梅雨に近い環境を作って生育させる人もいるくらいです。

植え替え直後に、根や葉っぱを伸ばす時期とも考えられるわけですね。

 

生育へのデメリット

上でも触れましたが、病気のリスクが高くなることが梅雨のデメリットです。

温度や湿度が上がることで菌の動きも活発になりますからね。

管理できていないと病気になってしまうこともあります。

具体的には、徒長うどん粉病といったものがあります。

 

また、梅雨による日照不足で元気がなくなってしまうこともあります。

適度な気温や十分な水はあれど、重要な日光が少なくなってしまうのですね。

 

梅雨時期は雨を避けるために、屋根のある場所へ置く機会が増えますが、日光が当たるようにすることがポイントです。

日の傾きによって、例えば朝だけはしっかりと日光が当たるなど計算された配置が必要なのですね。

 

 

梅雨時期の植物の生育への影響について見てきました。

植物の生育の伸びも期待できる反面、日照不足や病気の危険性も高いので注意が必要です。

メリット、デメリットもある梅雨の植物の影響について奥深さと難しさを感じましたね。




スポンサードリンク

 

雨に強い多肉植物が平気な理由は?

比較的雨に強いとされ、インテリアとしても人気が高い多肉植物ですが、太陽が当たり風通しの良い場所を好むことから雨にも強いと言われています。

ですが、基本的に多肉植物を栽培する際には、雨に当たらない場所で飼育することが大事になります。

雨に強いと言っても、雨ざらしになるような場所ではいくら多肉植物といえども厳しいものがあります。

 

なので、「多肉植物は雨に強い」この言葉の意味を履き違えないように注意ですね!

あくまでも生育する環境が雨の影響を受けにくいというだけです。

やはり梅雨で湿度が上がる時期には、風通しの良さが重要な要素になるのですね。

 

 

一方、多肉植物の中には屋外でも安心な雨にかなり強い”インディカ”や”リトルジェム”などの品種も存在しています。

多肉植物を飼育する時には品種にもよって特性が異なりますので、栽培する環境を考えることが重要ですね。

植物たちの個性にあった環境づくりをすればいいわけです。

そこらへんは我々人間と同じですし、なんだか親近感もわきますね!

 

まとめ

ジメジメして人間も梅雨は嫌いという人は多いと思いますが、梅雨の時期には植物への影響も大きく関係しています。

梅雨は、カビが引きおこす病害などで枯れてしまうことや植物自体もデリケートにストレスを感じやすくなる季節でもあるので、注意が必要です。

加えて梅雨の時期は肥料や水、温度などの調整をバランスよく行うことで、生育にも影響してより葉を伸ばしたり出来る時期でもあります。

多肉植物はインテリアとしても人気が高いですが、太陽や風通しを好み屋外で生活している植物が多いので、雨に強いと言われています。

多肉植物でも雨に打たれないような栽培環境は整える必要があります。



-季節

Copyright© やもりの里 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.