スポーツ

ケイタ・バルデの年俸や所属!実力や凄さは?経歴や評価も【セネガル】

投稿日:

 

我らが日本代表と、6月24日に第2戦として対戦する予定のセネガル。

サディオ・マネ選手とともに、攻撃の中心選手として挙げられるのが、現在フランスリーグアンのASモナコでプレイしている、ケイタ・バルデ・ディアオ選手。

バルサユース出身のセネガル第2のスピードスターについて、紹介していきます。

 

今回は、

・ケイタ・バルデのプロフィール

・所属や経歴

・実力や凄さ

・サッカー選手としての実力

といった話題について見ていきます。

 

セネガル代表についてはこちらもどうぞ。

セネガル代表の有名選手!注目メンバーと背番号は?【W杯2018】




スポンサードリンク

 

ケイタ・バルデのプロフィール

 

名前:ケイタ・バルデ・ディアオ

生年月日:1995年3月8日(23歳)

国籍:セネガル

ポジション:FW(WG)

身長:181㎝

体重:77㎏

利き足:右

 

ケイタ・バルデ選手は現在ASモナコに所属しています。

その経歴を見ていきましょう。

 

両親ともにセネガル人ですが、生まれはスペイン、バルセロナ近郊のようです。

2011年まで、FCバルセロナのユースチームに所属していました。

 

結果的に、バルセロナでトップチームに昇格しないまま、2011年にラツィオへ移籍。

ユースチームで育成されたのち、2013年にトップチームデビューを果たしました。

 

継続的な出場機会を与えられた後、遂にブレイクを果たしたのが、2016-17シーズンです。

このシーズン、リーグ戦31試合に出場して、16ゴールをマーク。

 

移籍加入してきたイタリア代表ストライカーのチーロ・インモービレ選手と合わせて大活躍します。

2人で40ゴール近くを叩き出し、ラツィオのUEFAヨーロッパリーグ出場に貢献しました。

 

2017年8月29日、ASモナコへ移籍しました。

移籍金は約3000万ユーロです。日本円で約40億円の価値となります。

 

ASモナコはこの夏のマーケットで、

・キリアン・エムバペ選手(現パリSG)

・ベルナルド・シウバ(現マンチェスター・シティー)

・バレール・ジェルマン(現マルセイユ)

など、攻撃陣の多くを放出しており、大きな期待を持って、迎えられることとなりました。

 

移籍1年目は23試合に出場し、8ゴール。

期待通りの活躍とまではいきませんでしたが、まずは失望を与えることなく上々のスタートといえるのではないでしょうか。

 

年俸はいくら?

ケイタ・バルデ選手の年俸については、有力な情報が出てきませんでした。

但し、ラツィオからASモナコへ移籍する際の移籍金が約40億円です。

 

これは、ハメス・ロドリゲス選手がFCポルトからASモナコに加入した際の移籍金に次ぐ価値があります。

そのときのハメス選手の年俸が約3億円とのことですので、2億5000万円程度~3億円と見積もるのが妥当といえるでしょうね。




スポンサードリンク

 

実力や凄さは?

ケイタ・バルデ選手のプレイの特徴としては下記の点が挙げられます。

プレースタイルについて迫りましょう。

 

圧倒的なスピード

とにかくアフリカにルーツを持つ選手特有の、圧倒的な身体能力を生かしたスピードが武器です。

日本代表はこのスピードにいかに対応するかが勝負の分かれ目になりそうですね。

 

ドリブルテクニック

細かなテクニックもあり、シザーズを生かしたドリブルはスピーディー、かつテクニカル

さすがバルサユース育ちといえるのでしょうかね。

 

スピードもあり、仕掛けも巧妙ということで、ペナルティーエリア周辺での1対1には要注意

常にPK献上の危機感の中での応対が必要となりそうです。

 

増してきた決定力

ラツィオ在籍最終年となった2016-17シーズンには、16ゴールを挙げています。

それまでのシーズン総ゴール数の3倍近くをゲットすることとなりました。

 

まだまだ成長中ということもあり、ワールドカップの大舞台でさらなる進化を遂げるかもしれません。

 

サッカー選手としての評価は?

ASモナコ移籍1年目の今シーズンは可も不可もない出来に終わり、本人としても期するものがあるのではないでしょうか。

だからこそ、このワールドカップでの出来がケイタ・バルデ選手の今後の評価に大きく関わってくるような気がしますね。

 

これは彼自身への評価ではありませんが、バルセロナはアフリカにルーツのあるユース選手を結果的にリリースするケースが多いようですね。

ケイタ・バルデ選手といい、アダマ・トラオーレ選手といい、バルセロナのユースから他チームへ行くこととなっています。

 

まとめ

サディオ・マネ選手と両翼を張るケイタ・バルデ選手。

今回は、ケイタ・バルデ選手のプロフィール、所属と経歴、実力や凄さ、サッカー選手としての評価といった部分を見てきました。

 

彼らのスピードをどうやって止めるのか、プレイ動画を見ながらいろいろと考えましたが、なかなか難しいですね。

左ウイングに位置することが多い為、マッチアップをするのは、恐らく酒井宏樹選手でしょう。

同じリーグアンのマルセイユでプレイしていますから、プレイ特徴などは比較的把握できているかもしれません。

 

僕らの代表は3バックシステムでの右サイドには原口元気選手を使っているようですが、セネガルの4-3-3システムとのかみ合わせや、原口選手と酒井宏樹選手のディフェンス能力の違いを考えても、4バックで酒井宏樹選手を起用するのが、無難だと思われます。

酒井選手がマッチアップで優位に立てれば、勝ち点獲得も見えてくるかもしれません。

 

セネガル代表についてはこちらもどうぞ。

セネガル代表の有名選手!注目メンバーと背番号は?【W杯2018】



-スポーツ

Copyright© やもりの里 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.