スポーツ

ポルトガル対スペインの全ゴールシーン動画まとめ【ロシアW杯2018】

投稿日:

 

いよいよ開幕したサッカーロシアW杯2018ですが、グループリーグから激闘が繰り広げられていますね!

今回取り上げるのは、ポルトガル対スペインの試合です。

クリスティアーノ・ロナウド選手がハットトリックを達成するなど、ゴールラッシュになったこの試合。

ぜひともゴールシーンをまとめ動画で確認したいところです!

 

 

そこで今回は、

・ポルトガル対スペインの全ゴールシーン動画まとめ

といった話題について見ていきます。

 




スポンサードリンク

 

ポルトガル対スペインの全ゴールシーン動画まとめ

 

今回のポルトガル対スペインでのスコアは3-3。

ワールドカップでも稀に見るゴールラッシュの展開となりました。

特に、クリスティアーノ・ロナウド選手がハットトリックを決めたことは日本でも大きく取り上げられていますよね。

W杯という大舞台で魅せてくれるとは、やはりその才能は折り紙つきです!

合計6本のゴールシーンですから、1つずつ解説していきますね。

では、さっそくポルトガル対スペインのゴールシーン動画を確認していきましょう!

 

 

 

ポルトガルのゴールシーン

 

まずはFIFAランキング4位につけているポルトガル代表のゴールシーンからまとめていきます!

ポルトガル代表…というか、クリスティアーノ・ロナウド選手のゴールシーンですね(笑)

合計3本のゴールを決めているわけですが、その全てがクリスティアーノ・ロナウド選手のゴールです。

 

 

クリスティアーノ・ロナウド選手個人のゴールシーン動画まとめはこちら

 

 

前半4分 クリスティアーノ・ロナウド

 

ではまず1本目、前半4分のゴールシーンから見ていきましょう!

動画では7秒あたりから始まるシーンになります。

ドリブルでペナルティエリア内へ切り込んでいったクリスティアーノ・ロナウド選手。

相手ディフェンダーの足がかかり、これがファウルの判定となりました。

PKのキッカーはもちろんクリスティアーノ・ロナウド選手です。

このPKをゴール右隅へ難なく決め、ポルトガル代表待望の先制点となりました。

 

 

見事にゴールキーパーの逆をついたシュートとなりましたね!

前半4分というまだピッチに馴染んでいない状況でしたが、焦らず落ち着いて決めています。

前回のブラジルW杯2014ではグループリーグ敗退しているだけに、その雪辱を晴らすことに燃えているのでしょう。

このPKをきっかけに、クリスティアーノ・ロナウド選手のエンジンがかかります!

 




スポンサードリンク

 

前半44分 クリスティアーノ・ロナウド

 

動画では36秒あたりからのゴールシーンになります。

クリスティアーノ・ロナウド選手の2本目のゴールですね。

中盤からロングパスで一気に前線へとボールを運んだポルトガル代表。

ペナルティエリア目前という絶好の位置で、ボールはフリーでクリスティアーノ・ロナウド選手へ。

左足を振り抜いたシュートはゴールキーパー正面でしたが、その勢いのままにゴール左隅へと突き刺さります。

 

 

逆足で、ゴールキーパー正面で、という悪条件ながらも見事をゴールを決めてくるあたりさすがですよね!

動画をよく見るとわかるのですが、ボールをゴールキーパーの手前でワンバウンドさせています。

しかも、無回転シュートというおまけつき。

キックの精度が高いクリスティアーノ・ロナウド選手のことですから、ゴールキーパー正面以外にシュートコースがなかったのでしょうね。

だからこそ、無回転でワンバウンドさせるというプレーに踏み切ったわけです。

テクニックもさることながら、状況判断能力もすばらしいですね。

 

 

後半43分 クリスティアーノ・ロナウド

 

ハットトリックとなった3本目のゴールシーンです。

動画では1:24あたりから始まります。

2-3と負けている状況で、残り時間もあとわずか。

ここでクリスティアーノ・ロナウド選手が3発目を叩き込みます!

 

ペナルティエリアのすぐ外という絶好の位置でもらったファウルで、クリスティアーノ・ロナウド選手が直接フリーキックに挑みます。

壁の頭上をスレスレで越え、ボールはカーブを描きながらゴール右隅へと吸い込まれていきました。

これにはゴールキーパーも一歩も動くことができず

このゴールでハットトリック達成となりました。

 

 

これぞクリスティアーノ・ロナウドですよね!

蹴る前から、これはゴールキーパーと1対1の勝負だと湧き上がる会場。

残り時間は残りわずか、1点ビハインド。

絶対に外せない状況の中、プレッシャーに打ち勝ってのゴールシーンでした。

これぞ怪物ですよ!

クリスティアーノ・ロナウド選手の活躍のおかげで、3-3というスコアに終わりました。

グループリーグでも注目の一戦だっただけに、手に汗握る展開となりましたね!

 

 




スポンサードリンク

 

スペインのゴールシーン

 

そして、FIFAランキング10位とポルトガルより格下にあたるスペイン代表のゴールシーンをまとめていきます。

クリスティアーノ・ロナウドにはハットトリックを決められたものの、3得点を奪う攻撃力は健在です!

ポルトガル代表とどちらが決勝トーナメントへ勝ち進むのか、見ものですね!

 

 

 

前半24分 ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ

 

まずは1本目のゴールシーンです。

動画では21秒あたりから始まりますよ。

 

かなり低い位置から、前線にいるコスタ選手へとロングボールが出ます。

相手ディフェンダーのクリアが不十分で、ボールを奪ったコスタ選手。

ディフェンダー2人に対応され、後ろからも3人の相手選手が迫ってきている状況。

2度の切り返しの後、ゴール左隅への正確なシュートを決めました。

 

 

なんといってもコスタ選手のキープ力ですね!

ディフェンダー2人に囲まれながらも、フェイントを駆使してシュートコースを作ろうとしています

そしてゴールポストスレスレに決まる絶妙なコントロール。

あの競り合いの中、冷静に枠を捉えてくるあたりがさすがです!

個の力を体現したプレーとなりました。

スペイン代表のエース・コスタ選手の活躍で試合は同点に。

 

 

後半10分 ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ

 

スペイン代表2本目のゴールシーン。

動画では50秒あたりからです。

またしてもスペインのエース・コスタ選手が決めます!

 

フリーキックからのセットプレーで、スペイン代表はファーサイドからの得点を狙います。

ブスケツ選手が相手ディフェンダーを引き剥がし、ヘディングで中へ。

中央へフリーで走り込んでいたコスタ選手がそれを決め、同点となる2点目となりました。

 

 

このプレーの凄さは、まずフリーキックの精度にありますね。

キッカーはダビド・シルバ選手

ゴール前で待ち構えているブスケツ選手の元へピンポイントでボールを運んでいます。

ゴールまで30mという距離でありながら、この精度は恐るべしですね。

さらに、ブスケツ選手も相手ディフェンダーのプレスをものともしないフィジカルの強さを見せつけます。

そしてフィニッシュのコスタ選手のポジショニング。

ゴール前でフリーでボールを受けています。

ブスケツ選手もそれが見えたのでしょうね。

まさにチームワークでもぎとった1点です!

 




スポンサードリンク

 

後半13分 ホセ・イグナシオ・フェルナンデス・イグレシアス

 

同点ゴールを決めたわずか3分後の出来事でした。

動画では1:04あたりから始まります。

2点目で起点となったシルバ選手が左から崩しにかかります。

一度切り返し、中にボールを入れますが相手ディフェンダーのクリア。

ただ、このクリアが不十分でボールはナチョ選手の元へ。

※ホセ・イグナシオ・フェルナンデス・イグレシアス選手はナチョと呼ばれています。

右足の強烈なミドルシュートをお見舞いし、左のゴールポストに突き刺さる一撃となりました。

 

 

ほんの3分前までは1-2でリードされていたスペイン代表ですが、この3分の間に2ゴールを決めて逆転に成功

ナチョ選手のミドルシュートは非常に気持ちのこもった一発ですね!

その威力はもちろんのこと、きっちりと枠を捕らえ、抑えてシュートしています。

逆転への強い気持ちと、いつもどおりプレーする冷静さ。

まさに世界最高レベルのゴールシーンでした。

 

 

まとめ

 

歴史的な一戦となったポルトガル対スペインの一戦。

今回は、ポルトガル対スペインの全ゴールシーン動画をまとめて見てきました。

 

 

まだグループリーグの戦いでありながらも、ロシアW杯2018を象徴するような試合内容となりましたね。

ポルトガル代表とスペイン代表のどちらが決勝トーナメントへ勝ち進むのかが楽しみです!

次の試合も注目ですね!

 

 

ロシアW杯2018出場選手のゴールシーン動画まとめはこちら

メッシの全ゴールシーン&ファインプレー動画まとめ【ロシアW杯2018】

クリスティアーノ・ロナウドの全ゴールシーン動画まとめ【ロシアW杯2018】

ネイマールの全ゴールシーン&ファインプレー動画まとめ【ロシアW杯2018】



-スポーツ

Copyright© やもりの里 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.